ノスタルジックでメランコリー

rinao.exblog.jp ブログトップ

カテゴリ:映画( 80 )

auxtobus と kurt

「バス男」観ました。
淡々としてるけど、センスいいなーと思いました。

Jam Films 2」観ました。
ショートフィルム集なので、あのくらいの長さが飽きないし疲れないからちょうどいい。
[PR]
by rin-aoitori | 2008-07-06 20:55 | 映画

pian

神童」を観ました。
出てる人とピアノ演奏シーンでのおかげで約2時間耐えた感じ。
[PR]
by rin-aoitori | 2008-06-28 09:54 | 映画

sorcx

西の魔女が死んだ」を観ました。
緑が目にいい。
[PR]
by rin-aoitori | 2008-06-27 13:34 | 映画

post kolegi

アフタースクール」観ました。
伏線がつながると気持ち良いですね。
もっかい「運命じゃない人」観たくなってきた。
[PR]
by rin-aoitori | 2008-06-12 22:14 | 映画

feri

「これ観たら恋したくなるよ」とオススメされて、映画「ホリディ」を観ました。
私には少し大人な恋愛映画で、理解し難い場面もありました。
登場人物の女性たちに、多少の共感はできました。
あと20年したら理解できるかも。いや、理解していたい。

キャメロン・ディアスの下着が可愛かったです。
白なのに幼くなく、上品でした。

[PR]
by rin-aoitori | 2008-04-09 09:59 | 映画

pork naz

シネツインに「ペネロピ」を観に行きました。
登場人物が少なく、答えを明確に出してくれているので、無心で観ることができました。
衣装や建物の美術系がきれいで、細部までセンスが光る映画でした。
主題歌が「Sigur Ros」というグループなのですが、男声ハイトーンがとても聴き心地よいです。

そういえば、映画館で途中一睡もしなかったのは久々でした。
パンフレットを買ったのも「花とアリス」以来、と久々続き。

[PR]
by rin-aoitori | 2008-04-04 21:20 | 映画

映画「陰日向に咲く」

原作を読んでいました。
読んでいて、とあるエピソードでホロリとしたんですが、
映画でも同じエピソードでホロリとしました。
いや、ホロリどころか鼻からツーっと液体が流れ出ました。
粘膜が全く活躍してくれません。
音楽よかったです。
作中、原作者がアレなのがとてもよかったです。

劇場を出た時、友達と遭遇しました。
久しぶりに会えた事は嬉しかったけど、
ただ、化粧はげしてない状態で会いたかったです。

久々にDVDレンタル屋さんに行ったら、
映画館で観たかった映画がたくさんあって、せつなーくなりました。

[PR]
by rin-aoitori | 2008-01-30 19:14 | 映画

prud

横川シネマ!!で「ひなぎく」(1966/チェコ・スロヴァキア映画)を観ました。
シュールな映像と世界観が面白かったです。
当時の評判はどうだったんでしょう。
風刺めいた感じがしたので、その国が当時どんな情勢だったのか知りたくなりました。

インテリアやファッションなど、少しキッチュなところがたまらなく好きです。
姉妹の破天荒っぷりと、シャンデリアブランコを真似てみたいです。
お姉さんが常に着けている花輪がとても可愛いかったです。作れるもんなら作りたい。
二人がレストランで着ていたドットワンピース、同じシーンなのに次のカットではドットの大きさが変わってたような…小ネタ満載。

同時上映のアニメもかわいらしかったです。
見た目が子どもキャラなのに、おじさん声というギャップがすごくいいですね。

[PR]
by rin-aoitori | 2007-12-15 20:28 | 映画

plor

映画「自虐の詩」を観ました。
中盤辺りから涙が出てきて、最後まで涙が止まりませんでした。
鼻をすすりたかったんですが、同行者に泣いている事に気づかれたくなかったので、意地でも我慢しました。
見終わった後、「そんなに泣けた?」と言われました。
泣けた説明している時も思い出し泣きしそうでした。

ちょうどその日、親戚の小さい子と遊んで、親子の関係だとか家族の関係だとか愛情だとか考えたりしたので、涙が止まらなかったのかなと思いました。

映画のカテゴリに入れてしまっていますが、感想も何もなくストーリーにも触れていません。
なので、タイトルに映画名を入れませんでした。なんという自己愛。

[PR]
by rin-aoitori | 2007-11-02 23:21 | 映画

映画「めがね」

めがねを観に行きました。
シンプルで全く嫌みのないインテリアや出演者の洋服が好きです。
台詞も動きも無駄がなくて、洗練されている感じがしました。
生活感がないと感じる部分もありますが、
私はそのような嫌なものが見えない世界が好きです。

ストーリーは…いいところでまぶたが下がってしまい…すみません。
映画館に行くときは十分な態勢で臨まなければならないと思いました。

一つ一つの単語を間違えたり、話題がぽんと飛んだり、
忘れることが多くなってきました。これはやばい。
まともに会話が出来ない自分にいまさら気づきました。治るかな。

[PR]
by rin-aoitori | 2007-09-22 20:58 | 映画

*覚え書き*


by rin-aoitori
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite