ノスタルジックでメランコリー

rinao.exblog.jp ブログトップ

レンタルビデオ

ビデオを4本レンタルしました。
「約三十の嘘」、「姑獲鳥の夏」、「ホテルビーナス」、「花とアリス」です。

「約三十の嘘」は一番面白かったです。
話のウラを読もうと必死になって疲れてしまいました。この映画は出演者が豪華です。

「姑獲鳥の夏」はセリフが長く、しかも現代の口語でなく昔の言葉でわかりにくく、退屈になり途中で寝てしまいました。一緒に観ていた母も途中で寝てしまいました。
設定はかなり面白そうなのに。期待していただけに残念です。

「ホテルビーナス」はありがちな日本映画のようだと思いました。
静の雰囲気、意味深な感じ…
裏の意味があるような映画は好きだったのですが、これは考えても考えても「?」でした。
映画はわかりやすいに限る!と考え方が変わりました。

「花とアリス」はもう「カワイイ」ですね。
あり得ないことだらけですが、それはもう割り切って。
少女漫画にありそうな設定だなと思いました。
蒼井優のバレエのシーンは見とれてしまいます。

レンタルビデオショップに行くと、もうほとんどDVDですね。
[PR]
by rin-aoitori | 2006-02-13 11:30 | 映画

*覚え書き*


by rin-aoitori
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite